このページの先頭です
ここから本文です

事業紹介

低温・凍結粉砕 受託加工事業

低温・凍結粉砕 受託加工事業:写真

大阪ガスリキッドでの低温粉砕

液化窒素の超低温(-196℃)を利用して、さまざまな樹脂や食品を低温・凍結粉砕します。
また、自社グループで製造した液化窒素を使用することで、低コストかつ高効率な粉砕を行うことができます。

特徴  

  1. 1.各種プラスチック、ゴム等の軟らかい樹脂、油分・水分を含有した食品など様々なものを粉砕することができます。
  2. 2.粉砕時の酸化等の熱変質を抑制し、初期性能(樹脂:分子構造、食品:風味)を維持した粉体を作ることができます。
  3. 3.粉砕条件を操作することで、様々な要求に応じた粉体を作ることができます。

粉砕フロー

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。 Get Adobe Flash player

*篩分け(分級)は樹脂部門のみ

分級システム

各種分級機を用いて粒度分布を調整し、品質や性能などの付加価値を向上します。
試験から量産まで目的に応じて分級を行います。

  • 円形振動ふるい機
    網面の振動と水平・垂直・傾斜(3次元運動)により、効率的にふるい分けします。
  • ブロースルー式ふるい機
    逆洗エアーにより網の目詰まりを防止しつつ、連続的にかつ効率的に分級を行います。

受託乾燥

各種樹脂原料(ペレット型)の受託乾燥を行っています。原料へのダメージが低いため微粉の発生が少なく、水分測定機により水分値を管理しながら乾燥を行うことができます。

  • 受託加工のご案内
  • よくあるご質問
  • 低温粉砕パンフレットのダウンロード
  • 新商品の紹介

大阪ガスリキッドへのお問い合わせ
弊社へのお問い合わせはお電話、またはメールにて受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

事業紹介

  • 産業ガス事業
  • 産業ガス販売
  • 水素オンサイト
  • 高純度メタン製造販売
  • 高純度ガス精製機器
  • ドライアイス洗浄装置
  • 炭酸事業
  • 低温・凍結粉砕 受託加工事業
  • 技術開発
  • 大阪ガスリキッドグループ ナビ

PAGE TOP