このページの先頭です
ここから本文です

事業紹介

低温・凍結粉砕 受託加工事業業

低温・凍結粉砕 受託加工事業:写真

よくあるご質問

Q1低温にすれば何でも粉砕できるの?

低温にすることにより“もろく”なる有機物や、温度の影響を受けやすい物質に有効です 。

不適当:熱硬化性樹脂(エポキシ等)、無機化合物(セラミックス、ガラス、鉱物等)、繊維質(カーボン・グラスファイバー等)など
効果的:熱可塑性樹脂(エンプラ、エラストマー、バイオプラ等)、含水・含油性食品類

Q2どこまで細かく粉砕できるの?

平均粒径10数ミクロン(25ミクロンパス)程度まで粉砕が可能です。

ただし、粉砕しやすい原材料の場合であり、生産性についても別途検討が必要です。

Q3具体的にどんなものが粉砕できるの?

豊富な粉砕実績がありますので、調査のうえお知らせいたします。

例) 樹脂: PE(LD HD)、PP、 PMMA、ナイロン6、PLA 、PTFE など

   食品: コーヒー、ごま、ゼラチン、アーモンド、果実など

Q4水分・油分を含んだ物でも粉砕できるの?

可能です。水分・油分も凍らせて粉砕します。

ただし、粉砕後、常温にもどれば粉砕品はスラリー状かペースト状となります。

Q5粉砕処理能力はどれくらいあるの?

1日当たり、最大tオーダーの処理が可能です。

ただし、原材料の性状、目標粒度(細かさ)によって処理能力は変わります。

Q6粉砕時の歩留まり率(収率)はどの程度?

通常95~98%以上です。

ただし目標粒径が小さい場合や、目標粒度幅が狭い場合は低くなり、1回の生産量が多くなれば高くなります。

Q7原材料サイズに制限があるの?

5mm角程度が弊社粉砕機に適したサイズになります。

大きいものになると粗砕の工程が必要になりますので別途検討が必要です。

Q8どれくらいの量から受託してくれるの?

数kgのサンプル作りから、数tの生産ベースまで各段階での受託が可能です。

ご要望に応じた適正処理能力の粉砕機にて受託粉砕いたします。

Q9テスト粉砕だけでも受けてくれるの?

専用のテスト機とオペレーターを配置し、数㎏の少量からでもお受けしています。

専用のテスト機を使用して粉砕いたしますので、粉砕量や品目数に限りはございません。ただし、必要量を処理するのに複数日かかる場合がございます。

※食品:3~30kg程度/日、品目数は要相談

Q10受託粉砕のメリットは?

多額な設備投資に対するリスクや、作業管理、高圧ガス・公害(粉塵・騒音)管理などの煩雑な作業が回避でき、希望する粉体を容易に入手できます。

Q11原料を送ってからどれくらいの期間で粉砕試験品を納めてくれるの?

通常、弊社に原料が到着してから約2週間でお納めいたしております。

ただし繁忙時についてはご相談させていただくこともあります。

Q12低温(粉砕)による殺菌効果はあるの?

急速に凍結されるため、殺菌効果はほとんどありません。

低温・凍結粉砕中での菌の増殖は無く、もともと原材料中に存在した菌は冬眠状態で残存します。

Q13低温粉砕によって原料中の水分を除去(乾燥)することはできるの?

乾燥されません。原材料中に含まれる水分は凍結されるので蒸発せず、粉砕後も残存します。

常温粉砕では、粉砕中の発熱により水分が減少することがあります。

Q14異物混入(コンタミ)の心配は?

粉砕機自体が異物混入防止を兼ねた保冷ボックスに収納され、粉砕機本体や配管類を毎回完全分解後に洗浄することで、 最大限異物混入防止に努めています。

弊社食品工場は、サニタリー仕様の設備を完備。
特に設備洗浄後のアルコール殺菌などの菌汚染防止に最大限努めています。

Q15その他

調べてご報告いたします。下記フォームにてご質問ください。

大阪ガスリキッドへのお問い合わせ
弊社へのお問い合わせはお電話、またはメールにて受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

事業紹介

  • 産業ガス事業
  • 産業ガス販売
  • 水素オンサイト
  • 高純度メタン製造販売
  • 高純度ガス精製機器
  • ドライアイス洗浄装置
  • マイクロバブル発生ノズル(MB)
  • 炭酸事業
  • 低温・凍結粉砕 受託加工事業
  • 技術開発
  • 大阪ガスリキッドグループ ナビ

PAGE TOP